カラミざかり 1話のネタバレ・感想

カラミざかり 1話のあらすじ

カラミざかり

カラミざかり

(作者:桂あいり)

 

桂あいりさんの「カラミざかり」は、胸キュンするエロストーリーや読者の胸を抉るような寝取られ話などストーリーが評判のNTR漫画。

 

その高評価のキーポイントとなるのがこの第1話です。
エッチシーンは少ないけども、主人公の恋愛に奥手な気持ちや性に対する恥ずかしさがストーリーの軸になります。
第一話があるから第二話、第三話の話が濃くエロくなります。

 

主人公が片思いしてる女の子に対する初々しい気持ちや、イヤらしい気持ちを抑えきれずにこっそり自慰してしまうシーンやヒロインのオナニーシーンなどが第1話の見どころです。

 

片思い中の女の子に指一本触れていなく、気持ち面の変化が面白いです。

 

カラミざかり 1話のネタバレ

カラミざかり

 

第1話 飯田もオナニーすんのかな…

 

舞台は学校の教室、教室内では女子達がエロトークをしています。

 

そんなエロい話を聞いて、女子を凝視していたのが貴史です。
野球部で坊主のどこにでもいる男の子で、ルックスは中の下ぐらいです。彼はバカ正直な性格を持っていて、「俺もやりてぇ~!!」と大きく叫びます。

 

そんなバカで明るい貴史とは対称的なのが、桂あいりさんの「カラミざかり」の主人公である高成です。
落ちついた性格をしていて、自分がどう見られてるのかを気にするシャイな性格です。
叫ぶ貴史に向かって「声が大きい。」と小さく注意します。ルックスは中の中ぐらいです。

 

カラミざかり

 

高成が片思いしているのが飯田里帆で、ロングヘアな黒髪の清楚系美少女です。
ルックスは上の上です。彼女も大人しい性格ですが、隠れた大胆さを持っています。

 

そして、里帆の友人が智乃です。里帆ほど可愛くはありませんが、明るくてリーダーシップがあるJKギャルです。

 

智乃が「カラミざかり」のストーリーを引っ張ってると言っても過言ではありません。

 

ある日、バカで明るい貴史は飯田似のAV女優が出演するエロ動画を高成に教えます。そして、高成はアダルト動画をオカズにこっそりシコってしまうのでした。

 

同じ頃、里帆も自分に似たAV女優でオナニーにふけるのでした。
自分でアソコを触り、クリオナの指使いがどんどん激しくなり、膣内に指を挿入して突き上げながら、気持ちよさそうにイッてしまいました。

 

カラミざかり

 

カラミざかり 1話の感想

1話にエロいシーンはほぼありません!「カラミざかり」の幕開けで、まだ絡んでいないのが1話です。

 

だけども、里帆のオナニーシーンはエロくて良かったです!
自分に似てるAV女優でヌルヌルのアソコになってしまうのですから、そうとうなムッツリです。

 

Tシャツ1枚で、アソコを触りながら「ん...。ん...。」と小さな声でひっそりと絶頂を迎えてるのはエロかったです。

 

指一本も触れてないのが、桂あいりさんの「カラミざかり」のプロローグでした。

 

次の第二話が楽しみです。里帆は秘めたエロスを持ってるので、彼女が絡むとすごく濃いエッチになりそうで期待できます。

 

カラミざかり

カラミざかり

▼ここから無料立ち読み▼